信頼度の高い病院で受けるアルツハイマーの治療について

男の人と女の人

介護サービスのある暮らし

介護

サービスや仕組み

有料老人ホームとは、高齢者が住まうことのできる有料施設です。住んでいる高齢者には、食事や洗濯などのサービスが提供されます。そしてこういったサービスに加えて、介護もおこなわれる施設が、介護付有料老人ホームです。有料老人ホームの中には、自立できることが入居の条件となっているところもあります。食事をとったり、入浴したりといった日常生活における動作を、自分でおこなうことができる高齢者のみを、受け入れているのです。しかし中には、食事も入浴も、さらには排泄も、自力では困難という高齢者もいます。そういった高齢者を中心として受け入れている施設が、介護付有料老人ホームなのです。現在では高齢化により、自立できない高齢者がどんどん増えてきているので、介護付有料老人ホームの需要は高まっています。その分施設自体が増えているため、多くの場合は定員に余裕があり、必要に応じてすぐに利用できるようになっています。利用料金は、介護付有料老人ホームによって異なっているものの、月額10〜20万円が相場となっています。ただし、ここに介護サービス料が加算されることになります。一般的には、要介護度が高くなるほど、介護サービス料も高くなります。しかし介護保険が適用されるので、介護サービス料に関しては、個人の負担額は1割程度となっています。また、多くの介護付有料老人ホームで、入居時に一時金の支払いが必要となります。これは償却されていくので、退去時にまだ残っていた場合には、その分が返金されます。